1. TOP
  2. マツエクを自分で外したい!マツエクをセルフオフする方法!

マツエクを自分で外したい!マツエクをセルフオフする方法!

2017/07/07 アイケア この記事は約 5 分で読めます。
eyelash extension self off title

マツエクを自分で外したくなる時ってあると思います。

  • 「仕事でマツエクを外さないといけなくなった!」
  • 「つけてみたけど思ったより、気に入らなかった。」
  • 「花粉症のときつらくなってきて取りたくなった。」

けれど、サロンのお店が遠かったり、マツエクサロンに行く時間がなかったり。そんなとき、マツエクはセルフオフってできるんでしょうか。

マツエクのセルフオフ(自分で外す方法)について調べてみました!

 

マツエクをセルフオフとは

そもそもマツエクをセルフオフするって、何?というかたもいると思います。オフというのはマツエクをはずすということで、セルフオフはサロンなどのお店ではずすのではなく、自分で外すということです。

 

基本的にはセルフオフするのはおすすめできません。サロンでオフするのがおすすめです。マツエクをオフするには、クリームリムーバーやジェルリムーバーなどの専用のリムーバーが必要です。

リムーバーを使わずにはグルーが溶けずに外れません。ちなみにマツエクオフのお値段は大体2000円~4000円です。

マツエクをオフして、再度付け替えする場合はオフの料金が無料になるサロンが多いです。長く続けるなら無料のオフがサロンを見つけて、毎回通う方が楽ですね。

 

サロンに行ったほうがいいのはわかるけど、時間がなかったり、サロンが遠かったりどうしても、まつエクを取らないといけない理由があるかもしれません。ですが、マツエクをセルフオフするときには大変注意が必要です。

 

マツエクのセルフオフをする前の注意

リムーバーを使ってセルフオフすることに慣れているリムーバーは使用しないで下さい!リムーバーは市販でも販売している場合がありますので知らないと問題です。

まつげエクのセルフオフにもやはりリムーバーが必要になりますが、リムーバーは目に入ると強い痛みがあり、大変危険です。

また、リムーバーが目に混入することにより、粘膜に炎症を起こして最悪失明になる可能性があります。他にもドライアイになる後遺症や視力低下など取り返しのつかない事態になることがあります。

リムーバーを使用してのセルフオフは事前練習がなければ技術的に難しい作業になります。自分が美容関係者でその技術の自身がある方であれば問題ないと思いますが、相手は目なので、なるべくならプロの方に任せたほうがいいです。

では自分でセルフオフする方法ってないのでしょうか?

 

マツエクのセルフオフにはオイルを使う

マツエクを自分で取る取り方(セルフオフの方法)をご紹介します。

マツエクはオイル系の化粧品やクレンジングに弱いです。マツエクが取れるのを防いだり、マツエクを長持ちさせたい場合もありますよね。

そんなときは、オイル系化粧品を目の周囲につかうことや、直接触ったり、ヨコに動かしたりするのがNGとされています。

それを逆手にとって、オイルクレンジングや美容オイルをつかって少しずつセルフオフしていく方法があります。

 

クレンジングオイルを使う方法

クレンジングオイルを持っている方は多いと思いますので、一番やりやすいとおもいます。

マツエクのセルフオフ方法にはクレンジングオイル
クレンジングオイルでセルフオフするときは、マツエクの根元にすこしずつやさしく馴染ませて時間をかけてセルフオフしていきます。

すぐには動かさずに長めに10分ほどオイルを馴染ませるといいです。マツエクはヨコの動きに弱いのでやさしくヨコ動きをするのもおすすめです。

 

保湿オイルを使う方法

美容系、保湿系のオイルを使うことでもまつエクを外すことが可能です。

マツエクのセルフオフ方法にはホホバオイル

美容系のオイルとしてホホバオイルなどを持っているかたが多いと思います。その場合も、じっくりまつ毛の根元にオイルを馴染ませてください。

他にも少し重めのオイルですが、エキストラバージンオリーブオイルでも可能です。

マツエクのセルフオフ方法にはエキストラバージンオリーブオイル
もちろん市販で販売している食用のものでOKです。

 

つけたてだけど外したくなった場合

マツエクをつけて来て、帰って家で鏡を見てみたら、自分のイメージと違ったりなんとなく見た目が気に入らない、デザインが気に入らないという場合もあります。

他にもいつもと違って外せないのでそれに慣れなくて嫌だったり。つけたてで、すぐに外したくなることもあるかもしれません。

そんなときもセルフオフしたい気持ちになりますが、そのときはオイルでセルフオフはしない方がいいです。

マツエクはつけている時間が長いと自然に取れやすくなっていきますが、つけたてはグルーが一番強力にくっついていますのでオイルでのセルフオフはできません。

つてたてのまつエクを外したい場合は、つけてもらったサロンに行って外してもらうのがおすすめです。ほとんどのサロンでは、つけてから数日間は無料で調整してくれます。

または、通常は有料のところ無料で外してくれるサービスを実施しています。自分では外せないので、セルフオフするのはおすすめしません。

 

まとめ

市販で販売しているリムーバーは自分では使わないことが大切です。また、つけたてのまつ毛エクステは自分で外すことができません。この場合は、マツエクのサロンに行きましょう。

時間が経っているものは、ゆっくりオイルをなじませてグルーをとかし落とすことで、外すことができます。けれど、グルーが外れるまでは時間がかかる点があります。

また、オイルオフの方法ですとグルーが1回で完全にきれいに落ちきるまでは行かないと思います。オイルでオフする場合はグルーの除去力が強くないためです。

完全に除去したい場合は、マツエクサロンに行って頼むか、普段洗顔でオイルクレンジングを使うなどして、長い目で落としていってください。

\ SNSでシェアしよう! /

女子ライフの注目記事を受け取ろう

eyelash extension self off title

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

女子ライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 二重の幅を自力で広げる方法

    【保存版】簡単!二重の幅を自力で広げる方法

  • eyeblow-how-to-prepare-methond-trouble2

    失敗しない!初めての濃い眉毛の整え方【図解解説】

  • セルフまつげパーマコツとは

    【保存版】簡単にできるセルフまつげパーマのコツ

  • ケイトのアイシャドウの塗り方

    ケイトのアイシャドウの塗り方!人気商品5選を解説

  • big eye how to way woman

    【保存版】女子必見!目を大きくする方法の全て

  • マツエクの持ちを良くするおすすめアイライナーとアイメイク方法

    マツエクの持ちが断然アップ!おすすめアイライナーとメイク方法